【誰でも簡単】PS5本体の掃除の仕方|ダストキャッチャーで簡単掃除

アイキャッチ画像

今回、PS5(PlayStation5)が発売されてから半年程経過したのでPS5本体を掃除してみました。

PS5(プレステ5)は掃除を誰でも簡単に行えるように設計されているのでとても簡単でした♪

この記事では実際の掃除を画像を用いて解説しているのでぜひ、参考にしてみてくださいね!

約半年使って埃はどれくらい溜まったのか

私の家では犬1匹と猫2匹と暮らしているので非常に抜け毛が多いです。
なので、PS5の本体やファンに毛が溜まってしまいます。

本体を上から見た様子

かなり毛や埃が溜まってしまっています。
この状態だとファンの不調から、熱暴走や排熱が正常に機能しなくなってしまう可能性があります

PS5本体の掃除方法

用意するもの

  • 掃除機
  • エアダスター
  • マイクロファイバークロスやウェットティッシュなど
  • 10円玉などのコイン

STEP1:コンセントやケーブルを全て抜こう

まず初めに必ず電源を落としましょう。
その後全てのケーブルやコードを抜きます。

STEP2:スタンドを外し平なところに置こう

スタンドを外さないとPS5のカバーが外れませんのでスタンドを外します。

スタンドのネジは下の画像の中央(銀色)の部分となっています。
こちらを10円玉やマイナスドライバー等で回すと簡単に取ることができますよ!

STEP3:PS5の白いカバーを外そう

少し怖いですが、円で囲んだ部分を上に持ち上げます。
その後、←の方向にスライドするように力を加えてください。

そうしますと、カバーが外れます。

こちらの動画はPlayStation Japan があげている動画です。1:57秒あたりからカバーの外し方を解説しています。

STEP4: 付着している埃を取ろう

こちらはカバーを外したものとなっています。
私のPS5ではファン周辺にかなりの量の毛が巻き込まれています。

まずはこの部分をマイクロファイバークロスやウェットティッシュなどで取りましょう。
大きめの埃が取れたら手では取りづらい埃をとります。

エアダスターで気になる部分を掃除しましょう。

エアダスターは優秀でキーボードの隙間の掃除や車の掃除等でも使用することができます♪

マイクロファイバーとエアダスターで掃除後はこのようにきれいになりました。

かなり綺麗になりましたね♪

STEP5:掃除機でダストキャッチャーの埃を掃除しよう

PS5にはダストキャッチャーという場所があります。

こちらの自然と埃がたまるように設計しており、掃除機で簡単にそうじすることができます。

赤丸で囲んである部分がダストキャッチャーとなっていますので、こちらに掃除機を当てましょう。
そうしますと、ダストキャッチャーに溜まっている埃をとることができますよ!

STEP6:PS5のカバーを戻して掃除完了

お疲れ様でした。
PS5のカバーをマイクロファイバークロスなどで軽く拭きましょう。

最後にカバーを再度装着して掃除は完了となります。

PS5の掃除頻度はどれくらいがいい?

私の場合、ペットと暮らしているので半年に一回は掃除をした方がよいです。
しかし、埃や毛が少ないご家庭にお住まいの方の場合は1年に一回でも良いと思います。

掃除をしないとどうなるの?

しっかりと埃を取らないとファンに埃が詰まってしまい、排熱機能が正常に動作しなくなってしまいます。
そうなると、処理が重くなったり異音の原因となります。

面倒ですが必ず掃除をするようにしましょう。

まとめ

今回PS5の掃除を初めて行いましたが、かなり簡単に掃除することができました。
カバーを外す際は少し怖いですが、力を入れすぎず慎重に作業すれば問題ありません。

折角の貴重なPS5なので定期的なメンテナンスをして、大事にしましょう♪

コントローラーのスティックが勝手に動きませんか?

コントローラーのスティックが勝手に動いてしまう(ドリフト)してしまう方にはこちらの記事がおすすめです!
修理に出さなくても350円で購入できる接点復活剤で簡単に治すことができますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。