【簡単】PS5で120FPS出力するために必要な設定をしていますか?必須設定を画像付きで解説します

120FPSとは何か?60FPSとの違いはどう?

FPS(Hz)という数値は一秒間に何枚の静止画像を出力できるかという性能の数値になります。
ゲームや映像は膨大な数の静止画像を高速で切り替えています。
従来のゲーム機(PS4)は60FPSしか出力できず、PS5の120FPSと2倍の差があります。

実際にプレイしてみるとかなり違いがあることが分かりますが、120FPSの方が圧倒的にぬるぬる動作しているように見えます。

PS5で120FPSを出力するためには対応のモニターが必須

いくらPS5側で120FPSを出力できても、モニターやテレビが60FPSまでしか対応していない場合は60FPSで出力されてしまいます。
その為、120FPSでぬるぬる快適にプレイする為には対応のゲーミングモニターなどが必要となります。

PS5でおすすめの120FPS対応ゲーミングモニター

BenQ ZOWIE XL2411Kはリフレッシュレートが144Hz(140fpsまで可)、応答速度1ms、残像低減技術であるDyAc機能、暗いシーンでの視認性を高めるBlack eQualizer機能を搭載しておりプロも使用するゲーミングモニター。

PS5で120FPSを出力ができ、またゲーミングPCの場合は144FPSまで出力可能なので将来的にゲーミングPCの購入も検討している方にもおすすめです。

ゲーミングモニターの中にはPS5の120FPS出力対応していないモニターもあるので、実機で動作確認済みのこちらのゲーミングモニターは安心です。

PS5で120FPSを出力するための設定

設定からセーブデータとゲーム/アプリ設定を開く

ホーム画面右上などから設定(歯車マーク)を選択して設定を開きます。
設定の中にセーブデーターとゲーム/アプリ設定という項目があるので選択します。

ゲームプリセットでパフォーマンス優先に変更する

セーブデータとゲーム/アプリ設定の項目を開くとゲームプリセットという項目があります。
ゲームプリセットの中のパフォーマンス優先と画質優先の項目をパフォーマンス優先に変更します。

PS5で120fps対応のゲームを起動する

PS5で120fps出力できているか確認するためには120FPS対応のゲームソフトを起動します。
今回はFORTNITEを使用しますが、そのほかにCODやR6Sなどの120FPS対応ソフトでも問題ありません。
※120FPS対応ソフトではない場合はモニターが120FPS対応の場合でも60Hzと表示されるので注意

起動後、再度設定に戻りスクリーンとビデオを選択

120FPS対応のゲームソフトを起動したら、ホームへ戻り再度設定を開きます。
設定の中にスクリーンとビデオという項目があるのでそちらを選択します。

映像出力項目を選択して120FPSの出力を確認する

映像出力情報を選択します。

解像度に120Hzの記載があれば無事に120FPSが出力できていることになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?
実際にプレイしてみると60FPSと120FPSではかなりの差があり、120FPSに慣れてしまうと60FPSは違和感があります。
ぬるぬるプレイできるとオンラインマッチなどでかなり有利になるので、ぜひ試してみてくださいね!

PS5関連のおすすめ記事はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。